ふるさと山鹿の歴史

近現代きんげんだい

人物じんぶつ

清浦奎吾きようらけいご

大正たいしょう13ねん(1924ねん)、清浦奎吾きようらけいご熊本県出身くまもとけんしゅっしんとしてはつ内閣総理大臣ないかくそうりだいじんとなりました。

清浦奎吾きようらけいご嘉永かえい3ねん(1850ねん山鹿市鹿本町来民やまがしかもとまちくたみ明照寺住職みょうしょうじじゅううしょくの5なんとしてまれました。
16さいとき大分おおいた日田ひた私塾しじゅく咸宜園かんぎえん」に入門にゅうもん勉強べんきょう努力どりょくつづけて塾生最高じゅくせいさいこう地位ちいにつき、塾長じゅくちょう塾主じゅくしゅ)の代理だいりつとめるまでになりました。23さい上京じょうきょうし、小学校しょうがっこう校長こうちょうとして教育きょういくちからそそぎました。

そのあと官僚かんりょうから貴族院議員きぞくいんぎいんとなり、大臣だいじん枢密院議長すうみついんぎちょうなどを歴任れきにん。75さい総理大臣そうりだいじんとなったのです。

清浦奎吾の写真

清浦奎吾きようらけいご

清浦奎吾・熱海の写真

清浦奎吾きようらけいご熱海あたみ

清浦奎吾夫妻の写真

清浦奎吾夫妻きようらけいごふさい

山鹿市マップ
出土文化財管理センター 山鹿市立博物館 県立装飾古墳館 温故創生館 八千代座 清浦記念館 方保田東原遺跡 チブサン・オブサン古墳 岩原古墳 鞠智城跡 豊前街道 清浦奎吾 隈部氏館跡
チブサンオブサン古墳 八千代座 豊前街道 隈部氏館跡 鞠智城跡 温故創生館 清浦奎吾 清浦記念館 出土文化財管理センター 方保田東原遺跡 県立装飾古墳館 岩原古墳 山鹿市立博物館

時代から探す